安全・環境への取組み

食品安全マネジメント規格 FSSC22000を認証取得

明治チューインガムでは安全な製品を生産する仕組みをつくり、顧客に安心を提供するため、また食品安全活動の仕組みの意義を明文化し、将来まで伝えていくために、食品安全マネジメントシステム「FSSC22000」を取得致しました。2011年6月の取得は、認証機関第一号となりました。

安心していただける製品は、地球に優しい環境でつくりたい

ガムはお子さまからお年寄りまで、あらゆる人々にとって身近な存在です。さらに近年、ガムは虫歯予防など、健康づくりに役立つ機能が加わってきています。心と体の健康をサポートする企業として、製品の安全性には万全の体制を整えています。また、広い意味で健康づくりに関わる企業として、地域や環境と調和できてこそ、本来の使命を果たせるものと考えています。
そこで、私たちは生産プロセスにおける廃棄物や廃水の排出量の削減をはじめ、省エネルギー化の促進、さらに環境に配慮した原料・資材の調達など、ゼロエミッションの実現を目指し、地球に優しい環境づくりを積極的に取り組んでいます。

「安全」と「信頼」こそが、私たちが追求する品質です

環境目標

環境目標の図

環境方針

私たちは、チューインガム・キャンデー等菓子生産の事業活動を通じてお客様に、おいしさ、楽しさ、夢と健康を提供すると共に、環境保全及び環境汚染予防活動を 推進していきます。
この実現のため、以下の方針に基づき環境に関する活動を実施していきます。

  1. 環境に係わる法律、規則、協定等を遵守すると共に、環境保全の目的・目標を定めて定期的な見直しによる環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  2. 環境の確保・向上を図るため、体制を整備し、従業員に環境教育を徹底すると共に、内部環境マネジメントシステム監査を定期的に実施します。
  3. 適正な操業と管理を実施し、環境汚染の防止、環境負荷の低減を推進します。
  4. 廃棄物の発生量継続的削減及びリサイクル化を図ります。
  5. 生産設備・エネルギー供給設備に係わる電気エネルギー等を削減し、省エネルギー化を図ります。
  6. 排水をきれいに保ち、周辺の良好な環境維持を図ります。
  7. 環境に配慮した材料や資材の使用及び商品の開発を推進します。

この環境方針は、社内外に公表します。

制定日 2002年12月20日
改訂日 2013年4月1日
明治チューインガム株式会社
代表取締役社長
坂上 隆一

ISO14001認証取得で、さらに高まるエコロジーへの認識

人々の身近で夢と健康を育む企業として、私たちは21世紀を「環境の世紀」と位置付けています。そこで2001年には社長直轄の環境管理室を設置し、工場や事務所から排出される廃棄物の100%リサイクルに取り組むことはもちろん、自社独自の厳しい環境方針を定め、社員一人ひとりに浸透させてきました。
これは、印刷紙や段ボール・スチール缶の再生化、不良品の発生に際してはガムやキャンデーを堆肥化するなどの資源化の促進、また生産設備においても保全管理の強化、省エネ設備への移行などの合理化・効率化によるエネルギー使用量の削減という形で具体的に推進されています。
さらに、2003年には世界的な環境マネジメント規格であるISO14001を認証取得し、企業と社員が一体となって環境に負荷を与えないモノづくり、地域社会に溶け込んだ活動を実践しています。

排水処理メタン発酵処理施設
排水処理メタン発酵処理施設
メタン発酵処理施設を導入し、高濃度廃液の工場内での処理が可能になりました。
排水処理メタン発酵処理施設
ボイラー
工場内空調設備リヒートの熱源として、従来の重油を燃料とした蒸気ボイラーに替え、都市ガスを燃料とした温水ボイラーを使用。ブロー水の抑制や燃焼排気のクリーン化が実施できました。

排水処理施設の流れ

排水処理施設の流れ