ガブリチュウ ソフトキャンデー

ガブリチュウのひみつ

ガブリチュウはバータイプの噛んで食べられるソフトキャンデーです。
「がぶり!」と食べられるボリューミーなサイズと独特な食感、フルーツやジュースなどたくさんの味のバリエーションを魅力に、1993年の発売以来、子供から大人までたくさんの人たちに愛されてきました。

いつもの味
ガブリチュウの歴史

ガブリチュウの5つのひみつ

ガブリチュウのパッケージ表裏

1.ソフトキャンデー
ガブリチュウは「ソフトキャンデー」という、噛んで食べる「キャンデー」の一種です。「ガム」と間違えられることもありますが、「ガム」ではないのでよく噛んで飲み込んで食べましょう。
2.自然な甘さ 自然な色
ガブリチュウの甘さは果汁や砂糖からくる自然な甘さです。
また鮮やかな色はすべて植物など自然由来のもので着色しています。
3.メイド イン ジャパン
明治チューインガム(株)は(株)明治のグループ企業です。
ガブリチュウは国内の工場で(株)明治の商品と同じ品質管理のもとに作られています。
4.エネルギー
ガブリチュウのエネルギーは約58kcal です。
1本で小学校に歩いて通えるくらいのエネルギーを摂ることができます。
※体重30kg 通学距離往復2km と仮定した場合の目安です。
※種類によってエネルギーは異なります。正しくは実際の商品でご確認ください。
5.マジックカット
開けやすく食べやすいようにどこからでも開けられる特殊な包装をしています。背中の面から簡単に開けることができます。
※マジックカットは、旭化成パックスの登録商標です。

ガブリチュウの歴史

みんなの大好きな「ガブリチュウ」。最初に発売した時から今日までに、いろいろな味が登場してきました。そんなガブリチュウの歴史を「味」と「パッケージ」のデザインをまじえながら、振り返ってみましょう。

  • 1990年代
  • 2000年代
  • 2010年代
  • 2003年のガブリチュウ

    ラムネ味発売!

    現在のレギュラーであるグレープ味、ヨーグルト味、コーラ味、ラムネ味の4品がそろいましたね!
    今では当たり前のラムネ味も、登場したのは意外と最近だったんです。

    ガブリチュウ ソフトキャンデー ラムネ味

  • 2004年のガブリチュウ

    30円表示がなくなる!

    総額表示が、この年スタートしました。
    消費税をふくむ総額の表示が義務付けられたため、「30円」という表示を取りのぞくことになりました。

    30円表示がなくなる!

  • 2005年から2007年のガブリチュウ

    新しい味が続々登場!

    レモンスカッシュ味、ミルクコーヒー味、青りんご味、メロンソーダ味、パイナップル味など、いろいろな味が発売されました。
    何種類食べたことがあるかな?

    新しい味が続々

  • 2008年のガブリチュウ

    ファミリー登場!

    これまでも4コパックなどの詰合せ商品はありましたが、この年発売された「おまけガブリチュウ」は全く新しいシリーズとなる商品。その名の通りおまけつきで、中身はかわいくてリアルな消しゴムでした。
    その後も順調にシリーズを重ね、10弾を超える商品となりました。

    ファミリー登場!

  • 2009年のガブリチュウ

    これはガブリチュウ?

    地域・店舗限定でガブリチュウにニンジャのキャラクターが付いたものが発売され、後に一時的に全国で発売されました。
    ピーチ味、マンゴー味、マスカット味が発売されたのもこの年でした。

    これはガブリチュウ?

1990年代
2010年代