大分県の駄菓子屋さん

おおの

「おおの」さんは店の1/3で駄菓子、残り2/3で古本や文具を販売されている、昔ながらの佇まいが特徴のお店です。古本好きの店長様が古本屋として開店、その後集客のために駄菓子も取り扱われるようになったそうです。

大分高専の近くにあり、また明野団地や多くの小中学校が近くにあるので、毎日たくさんのお客様で賑わっています。特に水・土曜日はサービスデーとして20時まで延長営業、値引き販売をされているので、いつもより多くの方が来店されるそうです。人気商品をお聞きすると、行事に使われる詰め合わせの注文が多いとのことでした。

小さなお店なので買い物には3つのルールがあります。

1.1日3回までしか買えない。
2.店には8人までしか入れない。(買い物カゴの数)
3.買ったものは店の中で食べない。

こういったローカルルールがあるのも駄菓子屋の特徴だなぁと感じることが出来ました。
「おおの」さんは、とても優しいおばちゃんが印象的な昔ながらの駄菓子屋です。

住所 大分県大分市明野北2-14-4
営業時間 11:00~17:30
定休日 おばちゃんの気分次第
  • 閉じる
  • 印刷する